Top / 超過表現
HTML convert time: 0.006 sec.

超過表現

Last-modified: 2017-05-09 (火) 01:28:06

✧ 超過表現

日本語でいう食べすぎるや歌いすぎるなどの超過表現は、否定詞と同じように超過詞SPARを動詞の前に置き、動詞の意味合いを超過化させる事で表します。
例えば
彼はパンを食べ過ぎた
であれば
VUI SPAR GRAP_ЯOG HAPAM
のようにします。

これは否定詞と同様に法制詞、相制詞、向制詞の前に置く事で制詞の意味合いを超過化させる事も可能です。

法制詞の超過化
ЯAI SPAR EKON LOOG_ЯES LEWZ
私は水を飲みたすぎる

相制詞の超過化
VUI SPAR GENOW LOOM_ЯES
彼は眠っていすぎる

向制詞の超過化
QUI SPAR WIN-SVEET_ЯES
彼女は走り回りすぎる

制詞以外にも、

SPAR HYEWZY TERM
赤すぎる林檎

のように形容詞の前に置く事で形容詞を超過化させる事も可能です。

さらにSPARの前に否定詞DINを置く事も可能です。

DIN SPAR HYEWZY TERM
赤すぎない林檎

ただ注意が必要なのは一口に超過と言っても
実際には動詞の場合は範囲、時間、動作(の程度、状態の程度)、動作回数、数量の超過があり得ます。
SPARはそれらを限定せずに表す万能超過詞でSPARを使用した場合はそれらの内のいずれか、もしくは重複的な意味なのかは文脈などで判断する事になりますが、
それらを明確に区別するために用意された超過詞も存在します。
これを限定超過詞と言い、以下の5種類が存在します。

範囲SPEѤN
程度SPAѤN
時間SPIѤN
回数SPOѤN
数量SPUѤN

この中で数量超過を表すSPUѤNのみ特殊で、動詞を修飾しておきながら実際には項の数量が過剰という事を表します。
例えば
ЯAI SPUѤN GRAP_ЯOG TERM

は日本語にすれば「私は林檎を食ベすぎた」になりますが、これは食べるという動作回数が過剰なのではなく、目的語の数量を過剰に食べてしまったという事を意味しています。

ЯOID SPUѤN DOIZ_ЯOG
人間が死にすぎた

であれば、死ぬという動作をした主語である人間の数量が過剰だったという事を意味しています。

二つの例の通りにSPUѤNは自動詞の場合は主語の数量を、他動詞の場合は多くの場合目的語の数量が過剰という意味になります(実際は他動詞の場合は主語の数量が過剰という意味の場合もありますが、それは文脈などで判断します)。

その他の限定超過詞の例は以下の通りです。

NEѤJ GENOW SPEѤN VUѤM_ЯES

であれば
想定していた基準となる範囲を超えて木が燃えている事(一部だと思っていたのに全体に近い範囲が燃えている等)を意味し、

NEѤJ GENOW SPIѤN VUѤM_ЯES

であれば
想定していた基準となる時間(時点)を超えて木が燃えている事を意味し、

NEѤJ SPOѤN VUѤM_ЯES

であれば
想定していた基準となる回数を超えて木が燃えるの動作連発(燃えては消える)を繰り返してる事を意味します(これは燃えるより殴るとかで考えた方がわかりやすと思います)、

NEѤJ GENOW SPAѤN VUѤM_ЯES

であれば
想定していた基準となる動作(状態)の程度(この例の場合炎の強さ等)を超えて木が燃えている事を意味します。